〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
土日も診療、当日予約も可能

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

妊娠率を上げる事に関するお悩み相談室
(自宅でできる妊娠に向けて実際に何をしていくのかについて)

このページでは妊娠率を上げるためには具体的にどのようなことをしていけばいいのかを書いていきます。それぞれの項目によってこのようにしていけばいいよとかを説明するのですが、その前にもう一度、どうして鍼灸を受けるのか?に関しての科学的な根拠が発表されていますのでその論文を抜粋していこうと思います。

●2006年米国生殖医療学会誌によると 、体外受精の前後にハリ施術をすると妊娠率が大幅に向上するという研究結果をドイツと中国の研究チームがまとめた、米生殖医療学会誌に掲載された報告によると体外受精(IVF)を受ける女性160人を2つのグループに分け一方に体外受精の際受精卵を子宮に戻す前後に針施術を実施。もう一方のグループには針施術をせず通常の体外受精を行った結果、鍼施術グループの妊娠率が42.5%に上がり通常施術の26.3%を大幅に上回った。(読売新聞より抜粋)

●2009年に英国医師会誌のオンライン版によると、体外受精(IVF)を受ける女性が同時に針施術を受けると妊娠の確率が65%高くなることが掲載されました。今回の研究は米メリーランド大学医学部のEric Manheimer氏らがIVFを受けた女性1,366人を対象とする7試験について検討したもの。いずれの試験も胚移植から1日以内に針施術を受けた女性と疑似鍼施術を受けた女性または針施術を受けなかった女性とを比較していた。その結果鍼施術を受けた女性はそのほかの女性に比べて妊娠する確率が65%高かった。東洋医学の鍼灸施術による冷え体質などの改善で西洋医学生殖医療の成功率を2倍アップすることができる他、西洋医学のホルモン療方などの副作用を軽減することもできます。 (HealthDay Newsより抜粋)

●名古屋市の明生鍼灸院と明治鍼灸大の研究グループによると114人に針治療を行ったところ約4割にあたる49人が妊娠に至ったと日本生殖医学会で報告しました。不妊治療の専門家が集まる学会で針治療による効果を示すデータが発表されるのは珍しいとのことでした。

上記のように様々な場所で鍼灸治療の効果が発表されております。

病院で治療を受けながら、そして科学的に解明されている鍼灸治療を受けながら、では他には何をしたらいいのか?
逆に何ができるのかについては、ページを分けて説明していきたいと考えております。

そして何をすればいいのか分かったけど、自宅で具体的に何に注意して生活するのか?
に関してはなるべくわかりやすく説明していきたいと思います。

①卵子の質を上げる方法について
②子宮環境をよくしていき、内膜を厚くしていくには
③着床率を上げていくには

これらに関してはそれぞれのページにてご確認ください。

 

妊娠率を上げる5つのポイント

このページでは具体的に妊娠率を上げるのに何をするのかを書いていこうと思います。

  • 骨盤のゆがみについて
  • 子宮内膜について
  • 卵子の質について
  • 血流について
  • ホルモンバランスについて

骨盤のゆがみについて

バランスよく3食食べれていますか?

なぜ骨盤の歪みを整えておく必要があるのかを説明します。
 
骨盤内空間に子宮と卵巣や膀胱や大腸などが入っているので、骨盤が歪むと子宮・卵巣への血流が悪くなったり、位置も下がったり左右に移動したりします。位置が悪くなることで特に子宮の機能が低下したり、着床に問題があるといわれています。また、慢性化することで卵巣にも影響が及び、卵胞の発育にも影響が出てきます。
 
当院では骨盤の歪みを鍼灸で整えていきます。一度受けたことがある方はうつ伏せでお尻あたりに鍼をしていたのを覚えてるかもしれませんが、そこが骨盤のゆがみのツボになります。それにより、子宮・卵巣の血流が改善し、働きも改善することになります。また骨盤が整うことで子宮・卵巣の位置異常も一緒に改善していくことになります。それにあわせて、運動や呼吸などを組み合わせるとさらに良い結果が生まれるでしょう。それが、妊娠率が上がることにつながります。

子宮内膜を厚くすることについて

起床時に疲れは残っていませんか?

子宮内膜は、子宮の内側を包んでいる、いろんなものがくっつくクッションのようなものであるといわれています。そこが血流が悪いことで薄かったり、硬かったりすると、冷たくなって、物が引っ付きにくくなります。つまり受精卵が引っ付きにくくなるということです。

先ほど説明した骨盤のゆがみを鍼灸ではおこなっていきながらも、では具体的に何をしなければいけないのかは、下記のほうにリンクを作っていますので後ほど確認してください。

鍼灸によってふわふわの柔らかいクッションを作っていくというイメージをもって毎回治療を受けていただければいいですし、私たちも常に意識していくところでもあります。

      

卵子の質を上げていくこと

日々、忙しく運動不足になっていませんか?

卵子が精子と受精すること、そしてその受精卵が子宮内膜に着床すること、そしてそれが維持され発育していくこと、この過程において一番大事になってくることがもちろん卵子の質を上げる事、たくさんの卵子が排出することにあると思っています。病院ではこれをAMHという数値に置き換えたりもしています。

これもすごく大事なポイントですので、下記のリンクにて確認してください。具体的な改善方法について説明します。

鍼灸によって骨盤のツボから卵巣を刺激し、血流を維持し、卵子の発育を促していくことでホルモンも無事届けられ、排卵まで促すことになります。

 

血流の改善について(解決方法)

自分だけの時間はありますか?

不妊で悩んでいるほとんどの方が血流に問題があって、冷え症やむくみなどに困っていると思います。また同じ姿勢の職業の方や、冷房の強い職場や、夜勤などもある生活リズムの良くない環境の方もいるので、体質的なものに合わせて、深刻な問題になっているなと感じる方もおられます。さらに忙しくての運動不足にて更なる悪循環になっていると思います。

鍼灸の最大の効果でもある血流改善、血流増大、血管拡張などがあります。子宮卵巣だけでなく、下腹部だけでもなく、全身に強く巡らせることで大きく血流を改善するのが大事です。そのためには手足の末梢のツボが大事にもなりますの内部の血流も改善し良質で元気な卵が育ちます。その結果妊娠率が上がるものと考えています

また、一緒に酸素も全身に運ばれますので、呼吸が深くなることも大事です。鍼灸を受けている仰向けでの姿勢の時に腹式呼吸をすることをおすすめしております。それによって血流だけでなく酸素も全身に運ばれて新陳代謝がよくなり、新たなるエネルギーも生まれるので特に卵子の発育には大事だと思います。

ホルモンバランスを整える

シャワーだけではありませんか?

最後に多いと思うのがホルモンバランスや自律神経の乱れている方が大変多いことです。ホルモンバランスや自律神経が乱れてしまうと特に問題なのは、FSHという下垂体から卵巣に届いて卵を育てるホルモンや、LHという排卵を促しているもの、E2という子宮内膜を厚くするものなどのホルモンの値を正常化していくことになります。

性ホルモンのみを安定させるといいと思われている方も多く、骨盤内のツボだけで事足りると考えがちですが、性ホルモンだけでなく様々なホルモンのバランスが大事であると分子整合栄養療法を学んでからは最近では強く思うようになりました。

自律神経と関係している甲状腺や、ストレスとの関係の深い副腎、睡眠との関係が深いメラトニンなど総合的にホルモンのバランスを整えていくことが妊娠率を上げていくことになりますし、性ホルモンのバランスも整ってきて、それが妊娠率を上げることに関係していくことになります。

またホルモンではないですが、ビタミンD、Eなども妊娠と深く関係しているので、コレステロールだけでなく脂溶性ビタミンをしっかり補充していくのもホルモンバランスを整えていくことに重要になります。

 

それでも何をすればいいかわからないなら

院長の岩崎です。
あなたのお悩みを解決します!​

上記のことに注意していきながら、治療以外に、何を注意していかなければいけないかを説明してきました。大雑把に書いていますので、個人的にはその方の症状やタイプなどによって細かく指導をしていきます。

アメリカの学会では鍼をする人はしない人に比べて妊娠率が1.61倍になるという報告があります。日本でもたくさんの研究施設から効果性が認められています。たとえ1回でも着床されるタイミングの前後どちらかをオススメします。子宮内膜の血流や子宮の位置異常の改善に良いと思われますのでたとえ鍼灸が1回だけであったとしても有効と考えております。タイミングだけでなく人工授精でも体外受精でもそうですが、一番大事なのが着床時期の鍼灸ですので、忘れないでいてください。

よって鍼灸治療は意外に科学的であり、卵巣や子宮に働きかけるツボもその周囲の血流が上がるなどが科学的に解明もされておりますし、結果的に生理周期が整ったりなどしてでもわかることがあります。

病院での治療、鍼灸院での治療、それについでの3つ目の治療がセルフケアになります。この3つ目のセルフケアが軽視されているのではと感じています。

他の鍼灸院の違いとして当院では、科学的な鍼灸治療の経験値と、不妊治療の知識の豊富さと、それぞれのかたにあわせたセルフケアの指導にあると思います。それにより他院よりも結果が出ているかと感じてますぜひ何をしていいのかわからない時はご相談ください。

関連するページのご紹介(執筆中)

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
さらに詳しくセルフケアのことを説明していきます。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
082-264-7724
営業時間
10:00~19:00(電話受付時間は10:00~17:00)
定休日
なし

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-264-7724

<営業時間>
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分 駐車場:ウオンツの斜め前、沖本眼科の横に大型駐車場あり(有料・25分100円)

営業時間

10:00~19:00(電話受付時間は10:00~17:00)

定休日

なし