卵巣機能不全・卵巣機能低下症・早期閉経|広島の不妊鍼灸




院長は東洋医学の本場中国上海中医薬大学と明治国際医療大学の両大学を卒業していますので
針灸だけでなく漢方薬や整体や気功などにも精通しており総合的な不妊治療をおこなっております。
広島の不妊専門院、漢方薬店、近くの鍼灸院からも患者さんの紹介をいただいております。




<卵巣機能不全の鍼灸治療>

卵巣機能とは卵子を育て排卵させることと、
エストロゲン・プロゲステロンという
女性ホルモンを分泌し、女性の体を維持していくことです。

この働きが十分でなくなった状態を卵巣機能不全または卵巣機能低下症といいます。

<症状>

時期により症状が異なります。

性成熟期・・・性器の退行萎縮、月経周期の異常、無月経・不妊症
 
性成熟期から老年期への移行期・・・肩こり、頭痛、ほてりなど


<原因>

1.先天的な染色体異常
2.甲状腺や副腎、自己免疫性疾患
3.卵巣や卵巣の周囲の手術、放射線や抗がん薬の化学療法
4.喫煙
5.視床下部、下垂体の機能異常

ストレスや生活習慣の乱れによって、
一時的に女性ホルモンが減る事はよくあるため、
卵巣機能そのものの低下なのかは、
よく見極める必要があります。


<鍼灸治療>

卵巣は血行不良がおこりやすい臓器の為、
まずは骨盤内の血行をよくしていきます。
体、とくに下半身の硬い方には、お家でできる
ストレッチなどもおすすめです。

並行して、女性ホルモンの分泌を促し、
バランスを整えていきます。

ホルモンのバランスを整えることで、

・基礎体温が理想的な形になる
・生理痛がなくなり、生理周期が整う
・質の良い卵子が育つ
・子宮内膜が十分な厚さになる
・流産リスクが軽減される
・ストレスが軽減される
・疲れにくくなる
・冷え性が根本から改善される
・子宮頚管粘液の分泌が増える

といった効果が期待できます。

当院では今までの経験から排卵前の治療をすすめしております。
ちゃんと排卵がおきるように上手に卵巣のツボを刺激していきます。
卵巣に不安のある方は是非お知らせください。






















妊娠出産報告


本場の中国・天津で
不妊治療研修終了
日本人で唯一学会登録
をしていただきました。