男性更年期障害、加齢男性性腺機能低下症(LOH症候群 )への鍼灸治療|広島の不妊鍼灸




院長は東洋医学の本場中国上海中医薬大学と明治国際医療大学の両大学を卒業していますので
針灸だけでなく漢方薬や整体や気功などにも精通しており総合的な不妊治療をおこなっております。
広島の不妊専門院、漢方薬店、近くの鍼灸院からも患者さんの紹介をいただいております。


男性更年期障害、加齢男性性腺機能低下症(LOH症候群 )

最近になって男性の抑うつっぽい症状、慢性的な疲労や、ちょっとした不調などを男性更年期といわれるようになっております。
男性不妊の原因にもなっております。特にタイミング療法をされている方は数回の必要性があるのに、
なかなかそういう気持ちになれないという方も多いようです。

そういう症状の原因の一つにテストステロンというホルモン減少が言われるようになりました。
いわゆる男性ホルモンの減少を意味して、男性が男性らしくなくなってくるといわれ、これが男性更年期ともいわれたりしています。

治療はホルモンバランスの調整ということになります。


・ホルモンバランス調整
・自律神経調整
・ストレスの除去
・慢性的な疲労の除去

これらをバランスよく組み合わせていくことで、男性ホルモンの働きを活性化させ、
男性不妊の改善にも役立っております。

もしタイミング療法をされています方で、LOHが疑われます場合は鍼灸をぜひおすすめください。








































































たくさんの妊娠出産報告
を毎月いただいてます。


本場の中国・天津でも
不妊治療の研修も終了
日本人で唯一学会登録
をしていただきました。

















◎逆子
◎逆子
◎逆子
◎逆子