子宮筋腫の治療|広島の不妊鍼灸整体院




院長は東洋医学の本場中国上海中医薬大学と明治国際医療大学の両大学を卒業していますので
針灸だけでなく漢方薬や整体や気功などにも精通しており総合的な不妊治療をおこなっております。
広島の不妊専門院、漢方薬店、近くの鍼灸院からも患者さんの紹介をいただいております。


子宮筋腫とは

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍です、
成人女性の20〜30%は持っていると言われています。
痛みなど症状がない場合が多いため、自分で気づくことは
難しい病気です。 検診や不妊治療の検査で偶然に見つかった
という方が多いです。 主に30〜40歳代の女性に見つかり筋腫の
大きさや個数は人それぞれ異なります。子宮筋腫の原因ははっきりして
いませんが、女性ホルモンの影響で筋腫が発育すると考えられています。

筋腫そのものは良性のため、辛い症状がなければ経過観察として、
治療はされないケースも多いです。
しかし、月経痛などの症状があまりにも多い場合や、
大きさなどから不妊の原因と考えられる場合は
手術で切除するケースもあります。

妊活中の患者様から、「手術した方がよいでしょうか?」という
お声はよくいただきます。

不妊治療が長引き、原因不明の場合などは特にご心配かと思います。

不妊専門のクリニックでも意見が分かれるところですが、
積極的に手術を進めるドクターが少ないように思います。

手術前後の期間では妊活に制限がかかること、
また手術しても、完全に切除できない(部分的に残ってしまう)ことや、
月経がある以上は再発の恐れがあることを考慮し、
不妊治療を優先する方が多いようです。

一方で、手術をした事が妊娠に繋がったケースもあります。
筋腫による月経痛があまりにも強い方や、
他の臓器を圧迫するほど筋腫が大きくなっている方など、
症状によるストレスが日常生活にも支障が出ている場合ですね。

不妊治療の状況や、筋腫の程度、ご家庭の都合など、
それぞれ状況によるお悩みがあるかと思います。

まずはご相談いただき、お力になれたら幸いです。


________________________________


子宮筋腫の症状
1,過多月経(月経量が多い)
2,月経痛(月経時に痛む)
3,不妊症(子供ができない)
が三大症状として挙げられています。

その他
4,月経の回数が増える頻発月経、
5,下腹部の膨大(腫瘤接触)
6,子宮筋腫増大による圧迫症状(頻尿や便秘)
7,貧血(月経量増大や月経回数増加によって起こる)
注)貧血は徐々に起こるので自覚されないことが多いです。


東洋医学的考え
東洋医学では月経によって排出されるはずの血が出ずに
腐った血の塊となって止まりそれが硬い塊となることによって
起こるとされています。
基本的には、気血の流れが悪くなることによって
オ血が生じるところから始まります。


鍼灸治療
筋腫発生の原因になっている気の滞り(気滞)や悪くなった血の流れ
(オ血)を改善していきます。 子宮筋腫は年齢によっても変わりますが
鍼灸治療により縮小が望めることもあります。 子宮筋腫に起因する
腰痛、腹痛、貧血等の症状には鍼灸治療は大変有効です。 さらに
子宮筋腫の再発予防、進行抑制にも効果があると発表されています。


また当院ではさらに自宅でおこなうお灸治療をお勧めしております。
それにより治療院でおこなう治療回数を減らすことが出来ます。
またよもぎ蒸しを生理前や生理後にすると効果的です。
針灸治療とよもぎ蒸しを併用することで10センチあった筋腫が2〜3センチと
縮小した経験もあります。ぜひ針灸治療で体質改善をお勧めします。


養生法
出来るだけ身体を冷やさないようにすることです。
食事では調理法は温めるものを選び根菜類など身体を温める作用にある食材を中心に一品料理を避けバランスの良い食生活を摂りましょう。
乳製品、油脂の多い食品、甘いものは消化に時間もかかり免疫力の低下にも繋がるので摂取は控えましょう。
その他には、あまり無理をせず、充分な睡眠をとることが大切です。















妊娠出産報告


本場の中国・天津で
不妊治療研修終了
日本人で唯一学会登録
をしていただきました。