〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
土日も診療、当日予約も可能

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

生理不順(生理痛)・無月経の鍼灸と整体の治療
(生理不順・無月経と不妊や流産との関係性について)
 

月経には、元々卵巣や子宮の異常と思われる方も多いのですが、実は脳内にある視床下部、下垂体なども関係があります。脳内と子宮や卵巣間にてはホルモンによる機能調整がおこなわれています。

 

無月経について

月経とは、皆さんもご存じのように女性が一定の年齢に達すると規則正しくおこるものであり、子宮内膜が剥がれることでおこる出血のことをさします。そしてこの月経が来なくなることを無月経といい、若くしておこるのを無月経といったり早期閉経などと言ったり、55歳以降であれば生理的な現象になりそれは閉経となります。

ここで大事なのは若くしておこる無月経が問題となります。まだ生理が普通におこらないといけないのになにか原因があって月経がストップします。もちろん妊娠以降に月経が来なくなるのは正常でありますが、妊娠もしていないのに生理が来なくなる原因としてよく言われるのが、私たち美容鍼灸でもよくおこなっている痩身目的のため食事をしていない方になります。身体としては生命にも問題がでてくるので生理を止めてまでも体内にエネルギーを蓄えておきたいのですね。特に鉄などのミネラルは体内にとどめたいのです。ですので、痩身目的で来ている方には生理は来ているか?食事はちゃんととっているか?はしっかり問診しないといけないです。

もうひとつよく聞くのがスポーツをがっつりしている方ですね。そのなかには強い精神的ストレスを感じている方が多く、先ほども月経は脳からの指令が必要なのですが、ストレスで月経を出す指令を止めることがあります。ストレスの種類の中でも痩身目的と過度のスポーツの方が多く、つまり若い女性の方に多いわけで、将来妊娠したい時期になって、生理不順で苦しんでいる方が多いので、ぜひ気づいた時から治療をしておくことがおすすめです。

生理痛について

生理痛は下腹部の痛み、腰痛、ひどくなると頭痛、吐き気を伴うことも少なくありません。また身体はあまり痛まないけれど精神的にイライラしたり不安感、無気力感が強くてつらいという方もいます。生理痛が起こる原因として考えられるのは、生理中に分泌されるプロスタグランジンというホルモンが過剰に分泌することがあげられます。

プロスタグランジンによって子宮の収縮が促進され、内膜のはがれる痛みが増強します。また冷えなどによる血行不良が原因となることもあり、生活環境の変化やプレッシャーなど、精神的なストレスが高い生活が続くとホルモンや自律神経のバランスが崩れて生理痛の症状が強まります。

生理痛は多くの女性がかかえる悩みです。鍼灸治療では婦人科系の症状によく効くツボがいくつかあります。それらを使うことによって生理痛やそれに伴う症状を改善させていきます。生理痛でお悩みの方は一度ご相談ください。

生理痛が重く、生理前や生理中の下腹部や腰のあたりに痛みの症状が出やすい方が現在ではたくさんいます。その中には痛み止めの薬を飲んでも効かない、短時間ではなく痛みが一日中気になる、痛みで動けなくなるほど辛い時もあるなど様々です。

そんな生理痛にお悩みの方は多いのではないでしょうか?自身の職場環境、たとえばデスクワークや座りっぱなしの多い仕事や運動不足は血流の悪さや、浮腫などが起きやすくなってしまいます。エアコンが効いた部屋や寒い中でも立ちっぱなしなど様々な職場の環境によって起きる要因は無数にあります。

一般的に月経痛(生理痛)は月経困難症(PMS)とほぼ同じ意味に用いられます。この月経困難症では、発痛物質を始め色んな役割があるとして知られているプロスタグランジンが要になっています。その他にはダイエットや偏食といった、身体に悪い食生活も身体の代謝機能や体温調節機能を弱めます。更にダイエットする人は、食事制限ばかりでなく、運動不足の方も多いです。人間は、食事や運動で筋肉から多くの熱を生み出しますので、ダイエットで運動不足は、冷え性になりやすいです。

そして生活が不規則な方も注意ですね。睡眠時間をうまく確保できず夜勤で一週間が不規則、対人ストレスや仕事が単純に忙しい時などは自律神経を乱しやすいです。痛みや不快感などは交感神経が働きます。交感神経は、血管を細くする作用がありますので、栄養ある血液が行き届きにくくなって治癒が遅くなることや局所酸欠を起こしてさらに発痛物質がでて痛みを感じます。それらの対策が必要になってきますね。1本1本丁寧に鍼をしていきます

生理不順について

生理が来ない、生理周期が不順である、1か月に生理が二回きた、、、など月経に関する不安をお持ちの方が増えてきています。このような生理不順が起こる原因は、排卵機能の問題もありますがストレス、過労、肥満、無理なダイエットなどによるホルモンバランスの崩れによるものも珍しくありません。

このように月経は環境やストレス、体調が大きく影響しますので月経は心と身体の状態を現しているといえます。生理不順を改善させるにはまず根本的な生活環境の改善とまずは乱れてしまっている女性ホルモンのバランスを安定させることがポイントになります。

生理不順とは、「周期の25日~38日で次の生理がくる、周期のペースがズレても7日以内、1回の生理は3~7日続いている」この周期から以外の状態が3カ月続く状態をいいます。具体的には24日以内、39日以上の間隔で生理を繰り返す時や、毎月長くなったり短くなったりすることをいいます。

そもそも生理は、女性ホルモンである卵胞ホルモンと、黄体ホルモンという2つの生理物質によってコントロールされています。卵胞ホルモンによって成長した卵子が排卵され、受精卵を受け止めるための子宮内膜がぶ厚くなります。その後は、黄体ホルモンによって子宮内膜のぶ厚い状態が維持されるのですが、妊娠をせずに子宮内膜が不要になった時、この子宮内膜がはがれて「生理」という形で外に流れ出ていきます。この一連の周期を生理といいます。

月経・生理の周期や機関が定まらないのは、この女性ホルモンのバランスが乱れていると考えられます。基本的には先ほども挙げた2種類の女性ホルモンである卵胞ホルモン・黄体ホルモンによってコントロールされています。そしてその女性ホルモンはというと、脳の視床下部や脳下垂体という場所で生産し、卵巣に届けるという工場の物流サイクルのような関係にあります。この三つの器官が関係し合っているので、そのうちのどれかのひとつにトラブルが発生すれば、すぐに月経・生理に影響がでてしまいます。

放置したまま慢性化すると、妊娠できにくい身体になったり、肩こり、頭痛、肌荒れが強くなったりと、様々な不調が出るリスクが上がります。

 

ピルと無月経の関係について

ピルと生理の問題について

ピルには、定期的に出血を起こす効果はあるものの、それが自然な排卵を促しているわけではありません。もちろん無月経が治っているわけでもありません。薬の効果によって生理とは関係なく出血をさせているだけでもあります。

当院は不妊の患者さんをみることが多いのですが、排卵に問題がある方は過去にピルを3年以上している方が多かったです。もしくは強いダイエットや過度なスポーツや夜勤勤務のある仕事など。

薬をやめてからずっと無月経の方もおられます。元々生理不順ではあるものの排卵や生理は来ていたのに、薬の影響で子宮や卵巣の機能が弱まり、自然の力で生理を起こせなくなっています。

それがピルの怖いところでもあるので、将来妊娠を考えている方は不用意にピルを続けることはどうなのかと感じております。

 

無月経の鍼灸治療とは

3ヶ月以上生理が来ない状態を無月経とを言います。元々は生理が来ていたのに来なくなった方が鍼灸の適応となります。特に病院で検査をしても大きな異常がない場合は鍼灸治療を試す価値はじゅうぶんにあると思います。当院で多かった原因としては、ピルや抗うつ薬などの薬の多用や副作用、過度なスポーツをしていたかた、10キロ以上の急激なダイエットをいっきにしたかた、あと精神的なショックも多い原因となります。また卵巣や子宮に異常があったとしても鍼灸と並行することで良くなった方も多くおられます。当院では不妊治療もしている影響で他院よりも実績は多いかと感じております。

鍼灸治療としては、視床下部や卵巣や子宮に直接働きかける穴を探していきます。指に多くあります。

それから体質的に子宮や卵巣の機能が弱ければそこを強くする穴が太ももに多くあります。最後にストレスや自律神経の調整でいえば頭に多くありますので、この辺りを組み合わせて鍼灸治療することで多くの方が生理が来たと喜んでいただいておりますのでご相談ください。

 

生理痛の鍼灸治療について

卵巣年齢をしっていますか?

生理痛はWHO(世界保健機関)が認めた鍼灸治療の適応疾患になります。当院での鍼灸治療も生理痛に効果的な治療法として、今まで多くの患者さんに変化を出してきました。

この生理痛は、人によって症状や原因が様々です。それだけに治療法や治療ペースも患者さんによって大きく違ってきます。治療法に関しては鍼灸治療、整体治療を混ぜて行う場合もあります。鍼灸治療の刺激が苦手であったり、初めての治療なので怖い気持ちの強い方などは、整体による治療で生理痛の症状と原因にアプローチする事もあります。

治療のポイントは生理痛のみを治療するのではなく、同時に出ている症状を一緒に治療していくことが大事になってきます。生理痛をそこまで強く感じない人もいば、一日動けないほど辛い方もいます。そういった症状の違いがあると、患者さん一人一人の体質も違っているということです。その体質に合わせて全身のバランスを調整する治療を行っていきます。

当院では東洋医学の考えに基づいて治療を行うので、全身治療によって気の流れを緩やかにしたり、実際に筋肉の疲労を取り除くような治療によって、肉体も精神もどちらもリラックスしていけるかと思います。筋肉を緩めていくことで、全身の血流の悪さを改善していき生理痛も緩和されていきます。

生理痛のことでお悩みや気になる事があれば、いつでもご相談くださいね。毎月院長の中学生の娘さんも鍼は得意ではないのですが、かならず1度は鍼治療をお願いしてきます。薬を飲まなくていいので授業の時眠たくならないからという事みたいです。

 

生理不順の鍼灸治療について

起床時に疲れは残っていませんか?

当院で行う生理不順の治療は、鍼灸治療と整体治療を混ぜて行うケースが多いです。生理不順を解消するために鍼灸治療を行うことは頻繁にあります。当院でも同じ症状で来院される患者さんはかなり多いです。

生理不順そのものを正す事はもちろん大事なのですが、それよりも大事な事があります。それは生理不順に至るまでの真の原因を治療してしまうという事です。

女性ホルモンのバランスを崩している原因がどこから起こっているのかを、カウンセリングと検査によって割り出します。そこで出てくるものは、大半がストレスによるものです。ストレスとは、精神的ストレスと肉体的ストレスのどちらも意味します。

仕事をしながらの女性が多い昨今で、女性もまた男性と同様にストレスに晒されやすい状況が増えています。そのストレスによって自律神経が乱れます。自律神経の機能には血流をコントロールする働きがあり、脳に血液が満足にいかないと、先ほども挙げた女性ホルモンを作る器官である脳の下垂体という場所がうまく働かず、結果として生理をコントロールする材料である女性ホルモンがうまく作られなくなります。

そのストレスを生理不順の治療と同時に行うことが大事です。ストレスの源は患者さんによって違ってくるので、治療と同時に行うカウンセリングによって、ストレスの源を受け入れて向き合うことで、生理不順の原因を少しでも多く排除していこうという狙いです。生理不順の治療のことで分からないことがあれば、なんでもご相談ください。

鍼灸治療ではおひとりおひとり体質にあった治療を行い、 心と身体のバランスを整えていくことによって生理不順を改善させていきます。婦人科系の症状でお悩みの方は一度ご相談ください。ホルモンのお悩みは女性専門の先生である7階の菊本や3階の板楠が担当する事が多いので、女性の先生が良い場合はお知らせくださいね。

 

無月経の鍼灸治療について

日々、忙しく運動不足になっていませんか?

無月経の原因としては先ほど説明しました。過度の痩身や厳しい部活活動であるスポーツ、ストレスの多い仕事や学業、食事などの不摂生により、脳のホルモン分泌が低下することによる子宮や卵巣の機能低下のため、卵胞が育たなくなることにより生理が止まります。

無月経に対する鍼灸治療とは脳から分泌される卵胞刺激ホルモンであるFSHが血流にのって卵巣にとどき、卵胞にはたらきかけることで卵子が育つことになり生理がはじまるわけですので、脳からのホルモンが正しく分泌されることが大事なことと、ちゃんと卵巣まで血流が届いているのかが大事になります。

当院でおこなう鍼灸治療では先ほども説明した脳下垂体に働きかけるポイントや、卵巣内の血流を上げる穴を選択することになります。そのために使うのは下腹部ではありません。下腹部へ打つと逆に委縮することも多く、手指や下肢、頭部に働きかけるポイントがあります。特に排卵前である生理後にアプローチするようにします。また生理前の時期では三陰交のお灸やもちろん来ていただいての鍼灸治療や足湯などもおすすめしています。

とくに将来的に妊娠を考えている方は早めの養生をはじめてほしいですし、ピルなどで生理を管理している方も生理的な脳からの月経支配を薬でコントロールしているのでいずれ問題がでてくるかもしれません。どちらにしても月経のお悩みがある方は鍼灸治療をしておくことがおすすめなのです。

 

冷えと入浴の関係

シャワーだけではありませんか?

一番最後に一番重要でもある冷えに対する考え方を説明します。冷えることで血流が悪くなるので、血流が悪くなることでおこるすべての症状に冷えが関連するのでほぼ多くの症状が冷えと関連することになります。冷えの解消はそれだけ重要でもあり、私たち鍼灸でしっかり治療できるところでもあるので、こちらもしっかり調べていきます。

血流が悪くなることで問題になるのは瘀血とむくみになります。瘀血とむくみが骨盤内に多くたまることで婦人病がでてくることになるので、いかに温めるか、むくみをとっていくか、運動をしていくか、ふくらはぎの循環を良くしていくかが大事になります。

冷えの状態にならないことが大切ですが、もともと冷え性の方や冷えてしまった時は、お腹が温まるまでゆっくりお風呂につかることをまずお勧めします。半身浴や足湯でも効果のある方は取り入れてください。また、温かい胃腸に負担の少ない食事、睡眠を充分にとることで、身体を温め早く回復するように心掛けてください。

特に高温期を維持していくことが着床におけるポイントですし、子宮への血流も確保できますので、低体温の方もぜひとりくんでください。甲状腺機能低下症の方、副腎疲労の方、はホルモンをしっかり運ぶのは血流であることからもより重視するポイントになるかと思います。

患者さんの声

鍼灸施術コース 院長担当

不定愁訴のオンパレードでした

自分にぴったりの治療を見つけることができました。

高校時代、自律神経失調症と診断されました。その時は不定愁訴のオンパレードで生理不順・肩こり・頭痛・気分障害・足の浮腫など・・・常に身体の不調を訴えているという状態でした。内科・心療内科・整形外科など西洋医学の病院に回ったり健康器具を試してみたりしましたが、中々症状は改善せず辛い日々を送っていました。そのような中、両親から松鶴堂を紹介して頂きました。

 

私自身、とても怖がりな性格だったことから鍼を受けることができず初診時から数か月間はマッサージと整体を受けていました。行くたびに身体をラクにして頂き、私の高校時代は松鶴堂なくしては成り立たたなかったと言っても過言ではありません。施術を受けていると、先生の手はコリをほぐすと同時にとても温かい気持ちを頂いていたような気がします。しがらく通院していて徐々にお灸をして頂くようになり鍼もして頂くようになりました。鍼怖い・・と思っていましたが痛みはほぼ皆無。それよりも、鍼は心地いいという印象でした。西洋医学・健康器具など・・何をしても改善しなかった不定愁訴ですが、先生の治療を受けてどれだけ救われたかわかりません。高校生活も無事に終え、今は社会人として高校時代に苦しんでいた自分が嘘のように元気に過しています。今、私が社会人として生活できているもの先生に出会えたからです。

 

また、社会人になってからも治療の度、悩みがあれば相談にのって頂いたりしています。先生がとても話やすい雰囲気なのでいつも癒されています。現在は遠方にいる為、中々お伺いできておりませんが私にとってあの時院長先生にお会いできたことが何より今の健康を作って下さったと思っています。改めて感謝のお気持ちをお伝えしたいと思い投稿させて頂きました。西洋医学でなかなか改善しなかったり・不定愁訴で悩まれている方には松鶴堂をおすすめします。また、鍼が怖いという人にはそれぞれに合わせた方法で治療して下さるのでとても安心して通うことができます。私と同じように健康でお悩みの方は是非松鶴堂の治療を受けてみて下さい。

鍼灸施術コース 女性スタッフ担当

生理のイライラがスッキリ

鍼は痛くなかったです。

昨日初めてきました。はりは初めてとても不安でしたが、生理痛やイライラがひどくて、挑戦してみることにしました。

先生はほんわかした感じで優しくて、気づいたら普通に話ができていました。はりも痛いのかな?と思っていたら、気づいたら刺さっていて、イメージと全然違ってビックリしました!

はりをしてもらっていると、だんだん体がポカポカしてきて、ちょっと眠くなる感じがしました。いつも生理の前後はイライラしたりお腹や腰が痛かったりでしんどいですが、痛みがとれて昨夜はよく眠れた気がします!

すごく気持ちよかったので、また来たいと思います☆

鍼灸施術コース 院長担当

長年この症状で悩んでいました

長年の悩みがスッキリしました

10年間抗うつ剤(デプロメール、セディール)を服薬していました。断薬に一度失敗し、仕事の人間関係のストレスから自律神経失調症やパニック障害がひどくなり、薬もほとんど効かずもう入院するしかない、一生薬漬けだと思っていた時に、会社の先輩が薦めてくれ試しに行ってみました。鍼を打ってもらい、しばらくすると体の内側から力が抜けていく感じが。毎日どうにか会社に行くのに必死でずっと気が張っていたのですが、それが解けていくようでした。

1回目の治療で効果を実感し、まずは身体の調子を戻すことから始めていきました。それから先生に相談しながら薬の量を少しずつ減らしていき、断薬症状が出るとすぐ先生に連絡し治療してもらいました。おかげで断薬症状が出てもすぐに先生に診てもらえる安心感、診てもらった後には症状も治まるので、3年かかりましたが断薬に成功しました。うつ病等神経症状も今ではありません。

断薬を始めた頃に結婚し、断薬したら子供が欲しいと思っていました。断薬し、さあと思ってもなかなか授からず...。病院に行き色々調べてもらいましたが悪いところは無いとのこと。ただ生理不順が強く排卵していないかもといわれました。毎月、排卵したと思う、という言葉と、とりあえずHCG注射を打っておこうという姿勢に疑問と不安を感じていました。3か月通いましたが、HCG注射を打ちたくないし毎月排卵したかどうかを調べてもらうのも苦痛でやめてしまいました。けれども何か出来ることをしていないと不安で、先生に相談し身体のメンテナンスと一緒に不妊治療もしてもらうことにしました。先生に診てもらうと、排卵しにくい体質とのこと。排卵しにくくても卵を押しすから大丈夫と言われ、うつ病の時からお世話になっていることもあり安心してお願いすることができました。左右どちらから排卵するのかも触診で分かるようで、私には病院の先生よりとても信用できました。

結果、排卵を促す?お灸をしてもらって2か月で授かりました。(その間に子授の観音様にも御参りに行きましたが)会社で、奥さんが7年間不妊治療に通っているという人がおり、ここの治療院を紹介しました。その方は卵管が片方詰まっていると病院で言われていたらしいのですが、通って1か月で授かったのでこれには流石に驚きました。

今は妊娠中なので体調の悪い時しか行っていませんが、不妊治療をしている方や自律神経に問題を抱えている方は1回目で効果も分かるし、合う合わないも分かるので治療を受けられてみたら良いのではないかと思います。ついでに美容鍼もお勧めします。顔がリフトアップし、目がくっきりします。ほうれい線も消えるので、半年に1回してもらっています。私はこちらのおかげで色々良い方向に向かったので、松鶴堂をとてもお勧めします。

 

鍼灸施術コース 担当院長

二日後に生理が再開しました

生理がつらくなかったです。

双曲線障害で悩んでいます。産後、心身のバランスを崩し、受診しました。視覚過敏、聴覚過敏、生理不順等の症状がありましたが、初診の2日後に生理が再開しました。

文字も抵抗なく読めるようになり、音も気にならなくなり、本当に嬉しい限りです。まだ2回目の治療ですが、とても信頼できる院長先生です。これからも引き続きよろしくお願い致します。

 

鍼灸施術コース 担当院長

復職の道のりができました

ようやくスタートにたてそうです

自律神経失調症を発症を繰り返して、また休職1か月。精神科通院、服薬を続けてはいるものの、なかなか意欲喪失から抜け出せず苦しんでいた時、偶然、松鶴堂鍼灸院のホームページを発見。何か感じるモノがあり、藁にもすがる想いで連絡をとりました。その日のうちに診てくださいました。その時の精神状態もあり、上手く状態を説明出来なかったにも関わらず、信頼出来る雰囲気と院長先生が丁寧な施術をして下さり、その日から何故か気分の落ち込みがみるみる消えていきました。次の受診日以降は結構頻繁に通わせて頂き、自律神経の方は安定し、復職の道のりが出来ました。治療の途中で生理不順などの問題を伝えても、すぐに対応して下さり本当に頼りにしております。院長先生スピーディな動きと淡々とした口調なので一瞬とっつき難い人かと思いましたがとても優しい良い先生ですよ。

 

無月経と妊娠との関係について

院長の岩崎です。
あなたのお悩みを解決します!​

無月経のかたは妊娠がしにくいといわれています。もちろん生まれつきの子宮や卵巣の機能障害で月経がおこったことのない方は治療をしていないかぎり妊娠できないのですが、月経が来たり来なかったりする無月経も妊娠はしにくくなると考えて間違いないです。

無月経という状態は女性ホルモンが正常に分泌されないので正常に排卵をしていない可能性が高いのです。また、子宮内膜が剥がれないので古い治膜がそのまま残るのも問題であります。東洋医学では瘀血と表現しています。

ですので以下に月経を毎月来させるのかが大事であり、過度なダイエットやストレスなどに注意してほしいところです。またダイエットをしているわけでもないのですが拒食過食を繰り返している方や、部活動などでスポーツに取り組んでいる方にも最近多い感じです。

また妊娠だけの問題だけでなく、細菌感染症にもなりやすいデータもあります。それによっておこる子宮内膜症になると大変です。

よく、患者さんが月経が来ないのは生理痛もないし楽でいい、このまましばらくは来なくてもいいといわれる若い患者さんもおられるのですが、病気になる可能性があるという事も知っていてほしいです。

 

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
さらに詳しくセルフケアのことなど説明しております。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
082-264-7724
営業時間
10:00~19:00(電話受付時間は10:00~17:00)
定休日
なし

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-264-7724

<営業時間>
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分 駐車場:ウオンツの斜め前、沖本眼科の横に大型駐車場あり(有料・25分100円)

営業時間

10:00~19:00(電話受付時間は10:00~17:00)

定休日

なし