不育症・流産防止|広島の不妊鍼灸




院長は東洋医学の本場中国上海中医薬大学と明治国際医療大学の両大学を卒業していますので
針灸だけでなく漢方薬や整体や気功などにも精通しており総合的な不妊治療をおこなっております。
広島の不妊専門院、漢方薬店、近くの鍼灸院からも患者さんの紹介をいただいております。

不育症の鍼灸治療

不育症(習慣性流産)とは妊娠に至ってもお腹の中で赤ちゃんが育たずに流産や死産を繰り返してしまうことです。

原因

確定的な原因や治療法は確立されていないのが現状です。
しかし、不育症となる幾つかの要因は下記のようにわかってきています。

染色体異常
子宮形態異常
内分泌異常
凝固因子以上
ストレス

治療方針は
次回妊娠した際にそれを維持するために「妊娠前から流産を予防する」ことです。

まずは病院で検査を受けて不育症につながる要因を探し出しましょう。


流産しにくい体づくりのための鍼灸は
以下の目的によって治療されます。

エネルギーを高める
受精卵が着床して以降受精卵を育てるための子宮は膨大なエネルギーを必要とします。
このエネルギーが足りないと卵を作る過程においてなかなか質の良い卵を作る事ができませんし良い受精卵もできにくく、妊娠しても維持しにくいということになります。

血流をよくする
子宮内の血流を向上させ良質の子宮内膜を形成します。
受精卵が育ちやすい良質の子宮内膜を作るためにも子宮内の血流の向上は大切です。

栄養を維持すること(気虚の改善)
子宮内の酸素・栄養素が豊富な子宮環境を維持し受精卵が成長しやすい場を作ります。

病院での検査や治療をしっかりすすめていきながら鍼灸治療を続けたことで重度の不育症の方でも
妊娠出産までいきつけたということが多々あります。ぜひ体質改善をしていただけましたらと思います。


























たくさんの妊娠出産報告
を毎月いただいてます。


本場の中国・天津でも
不妊治療の研修も終了
日本人で唯一学会登録
をしていただきました。

















◎逆子
◎逆子
◎逆子
◎逆子