排尿と不妊の関係|広島の不妊鍼灸




院長は東洋医学の本場中国上海中医薬大学と明治国際医療大学の両大学を卒業していますので
針灸だけでなく漢方薬や整体や気功などにも精通しており総合的な不妊治療をおこなっております。
広島の不妊専門院、漢方薬店、近くの鍼灸院からも患者さんの紹介をいただいております。


<排尿痛の鍼灸治療>

排尿するときに痛みを伴うことがあります。

原因:尿道に発生した炎症や結石、腫瘍
   風邪や疲れ、ストレスなどによる免疫力の低下

風邪を引いたり、疲れやストレスにさらされると
免疫力が低下します。

そうすると、細菌などが体内に侵入しやすくなり
炎症をもたらすことがあります。

尿道に炎症が起こると
排尿痛を引き起こすことがあります。


鍼灸治療

治療方針としては
自律神経系に影響を与え
排尿機能および全身の調整を行います。

また
水分代謝を促進し自浄効果を発揮できるように
身体に働きかけるような治療を行います。


当院では不妊や美容など女性の患者さんが多いことから
尿のお悩みも頻繁にいただきます。
その多くは冷えやホルモン異常などからきていることが多いので
そのあたりの養生を伝えるだけでもよくなっていくケースもあります。
ぜひ悩まれています方はご相談くださいね。




























たくさんの妊娠出産報告
を毎月いただいてます。


本場の中国・天津でも
不妊治療の研修も終了
日本人で唯一学会登録
をしていただきました。

















◎逆子
◎逆子
◎逆子
◎逆子