男性不妊・精子異常|広島の不妊鍼灸




院長は東洋医学の本場中国上海中医薬大学と明治国際医療大学の両大学を卒業していますので
針灸だけでなく漢方薬や整体や気功などにも精通しており総合的な不妊治療をおこなっております。
広島の不妊専門院、漢方薬店、近くの鍼灸院からも患者さんの紹介をいただいております。


WHO(世界保健機構)が男女別不妊原因を調子したところ
男性のみ  24%
女性のみ  41%
男女共   24%
原因不明  11%

というデータがあり
近年では特に男性側に原因があるカップルが50%近くを占めています。

かつては不妊というと女性だけの問題とされていましたが
現在は男性にも関係がある問題となってきております。

男性不妊の場合
原因のほとんどが精子をつくる機能にあります。

鍼灸治療により
血流の流れを改善
自律神経のバランスを整える

ことで精巣の機能をアップさせて
精子の数を増やしたりよい精子を作ったりすることが期待できます。


当院にも男性の方が治療に来院されており良い効果を上げています。

当院の男性不妊の治療は専門の福本か男性院長かでおこなっております。
女性は女性の先生、男性は男性の先生とわけることで
より良い治療ができるよう考えております。
何か不安なことがありましたらまずはカウンセリングをお勧めします。
 カウンセリングは専門の先生にておこなわせていただきます。


当院に来られます不妊患者様の大半は女性の方になります。
不妊原因が男性側にあっても女性が来ることがほとんどです。
当院では問診にて男性も原因があるならば
是非一緒に治療をすることをお勧めしております。
男性の鍼灸治療は女性と違うことが多く
まずは疲労回復と自律神経調整を中心にし
女性の排卵前に来ていただくよう指導しております。


特にタイミングをとっていて男性側が上手にできていないと
女性がいくら頑張っていても意味がないので
そのあたり問診では重要にしております。
統計的に出てるのですが夫婦ともに治療をしている方は
成績がいいんですね。これは鍼灸治療がいいと
いうのもあるかもしれませんが

男性側が協力的であることが確率をあげていると思っています。
基本男性側は女性の生理後や排卵前あたりに月一度のみの治療ですので
是非挑戦していただきたいな〜〜〜と思っています。
実際に不妊が治った患者様からも喜びの声をいただいて
おり私の最も得意とする治療の1つです。
初めて来られる方はもちろん、他の症状の治療を併用しな
がら男性不妊に不安な方も、是非ともご相談いただければ
と思います。

具体的な男性不妊の説明をします。


不妊の原因は男女半々であること、
妊活中の皆さんには、もはや常識かと思います。

当院に来られる患者様も、以前は女性が多かったのですが、
最近は初診でご主人様も一緒に来られたり、
奥様が来られた後に、話を聞いてご主人も来られたり、
妊活に積極的な男性が増えてきています。

特に若い方はご自分で情報収集もどんどんされていて、
食生活を見直したり、漢方を飲まれたり、
すでに様々な努力をされている方が多くみられます。


男性不妊で問題とされる点は大きく3つあります。

1.夫婦生活/射精できない

2.精子の数が少ない

3.精子の動きが悪い



「夫婦生活/射精できない」問題

もともと性欲が少ないタイプの方、服薬などで減退している方、
また、妊活のプレッシャーなども原因となります。
更に近年では、間違ったマスターベーションの習慣により
異性との性交で射精できないという方もおられます。

なかなか他人に言いづらい問題ですが、それぞれの原因に合わせて治療していきます。

EDぎみで悩んでこられた方でも、詳しく伺ってみると
仕事が忙しすぎる事が問題だったり、腰痛・膝痛が問題だったりする事もあります。
だいたいの方は、体のバランス(アライメント)を整え、
疲労を抜いていくとスムーズにできるようになります。



「精子の数が少ない」問題

男性の精液所見は検査の度に驚くほど変動します。
同じ方でも、1か月の間に10倍以上変わることもよくあります。
特に、不妊専門のクリニックではどうしてもアウェー感がありますので、
検査結果が振るわない場合は、泌尿器科での再検査も検討してみてください。
採精の場所や方法が変わるだけでも、結果に影響がでるのです。

射精に問題がない方であれば、人工授精・体外受精で授かる事は十分可能です。

鍼灸では腰のツボを使って、骨盤内の血液循環を促したり、
陰部神経叢を刺激し、精子の生産速度を上げていきます。



「精子の動きが悪い」問題

男性でも35歳を超えたあたりから、精子の「質」に影響がでてきます。

数はしっかりあるのに、まっすぐ泳げていなかったり、
体外受精をしても、卵子の殻を突き破れない精子がでてきます。
そういった場合は、顕微授精が適応になるのですが、
やはり少しでも元気な精子を送り出したいですよね。

精子の質を上げるには、生活習慣の見直しが必須です。
バランスの良い食事、規則的な睡眠、適度な運動。
禁煙は絶対です。お酒はほどほどなら問題ありません。

男性ホルモンは生活習慣でどんどん増やすことができます。
軽い筋トレとあわせてタンパク質と良い油をしっかり摂りましょう。

サプリについては諸説ありますが、
いわゆるマカやマムシ、すっぽんなどは効果が薄いとされています。
男性不妊の病院ではビタミンB系、亜鉛などのミネラル類、
また、コエンザイムQ10やプラセンタなどを勧めるドクターが多いようです。

鍼灸では、数を増やす治療を同様に、腰のツボを使う事が多いです。
また、睡眠の質を高めたり、胃腸の働きを助けるツボを使う事もあります。
漢方を併用されると更に効果的です。




















妊娠出産報告


本場の中国・天津で
不妊治療研修終了
日本人で唯一学会登録
をしていただきました。