〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
土日も診療、当日予約も可能

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

赤ちゃんへの小児鍼について

赤ちゃんのこのようなお悩みの方が来られています

  • 眉間やおでこに青筋がたっている
  • 夜中に何度も泣いて起こされる
  • 何かに頭をごんごんぶつける
  • 思い通りにならないとすぐにぐずる
  • どうもこちらの話していることを理解しているようだ

まずは疳の虫などの軽い症状の場合について説明します。

まあ、夜泣きなどはすごくうるさいので決して軽い症状とは言えないですが、
私たちにとっておとなしく寝てもらう治療はさほど難しくはありません。

良く夜泣きやかんしゃくで当院に多くのお子様が毎日のように来られております。
当院では多くの場合1度の施術でよくなることが多くでております。

その秘密としては自宅でできるように小児マッサージ・スキンタッチなどを
女性鍼灸師である板楠が指導するところにあります。

まずは軽い症状の方は自宅でこのようなスキンシップのようなものを続けるだけで
不思議と症状が軽減されるのですね。これはホントに不思議なことです。

もちろんいろんなコツがあるのですが、それは来院時にお教えしております。
間違ったスキンシップをしていてもさらに悪化しますので。

・あれだけ毎日1時間も寝ていられなかった子が・・・

・抱っこしないとすぐに泣いてしまう子が・・・

・お母さんだけにしか愛想がよくなかった子が・・・

・とにかく泣きわめいていた子が・・・

不思議に楽になるんですね。私たちもいつも驚きながら治療をしております。
この子は本当は私たちの言っていることを理解してるんじゃといつも思っています。

泣くのには理由があるんです。
それに気づけることがまずは始まりであり、大事なことになります。

 

また、皮膚炎や喘息や吃音などのわりかし症状が強い場合の小児鍼治療の考え方について

多くの場合いわゆる疳の虫のような虫ではなく毒を持っているケースが多いです。

毒といっても東洋医学的なものでして本物ではないですが、私たちは体の中に
悪いものがあるなと思ったときに虫や毒などで表現するケースがあります。

毒の場合症状はかなり変な症状を出してきます。

例えば…

・アトピー性皮膚炎

・小児喘息

・発達障害

・脱毛

・湿疹、あせも

・吃音

・チック

・5歳児以降のおねしょ

などなど他にもさまざまな変わった症状を出します。
それらに対して治療方法で言うと毒を汗や便や尿
などの形に変えて出していくというものです。

昔は血液で出すことがありました。直接おでこや背中や指先を切って血液を絞るようにです。
ですが今は衛生的なこともありそのようなこともなくなりました。

また、直接背中にお灸をするというものもありました。それも今ではなかなか難しいというしかありません。

当院で大事にしているのは

・まずは悪い尿や汗や便をたくさん出すという事

・キーキーいう子は寝るまでにしっかり発散させること

・可能であれば自宅でせんねん灸をしていくこと

この3つを重要視しております。

治療の初めは、当院での小児はりと自宅でのマッサージが中心となります。
まずは3回ほど続けていただき、症状が落ち着いたところで、状態に応じて
自宅でのマッサージにお灸を加えていきます。

自宅でできる小児はりのマッサージについて説明します。

『スキンタッチ』とも呼びます。

皮膚をなでたり、さすったり・・、優しい動作で肌を刺激していきます
使うのはスプーンや歯ブラシなどになります。
その指導は当院にて女性鍼灸師の板楠でおこなっていきます。

お灸より手軽に『ペットボトル温灸』

最近では、ペットボトル温灸という手軽な方法も案内しています。
耐熱用ペットボトルにお水を入れてから、同量のお湯を注ぎます。
温度は50℃~80℃くらいで、あったかいな~と
感じるくらいがベストです。お好みに応じてぬるめでも、
特別ツボにこだわらず、身体の流れにそってさするだけで
経絡が整っていきます。熱すぎないので赤ちゃんや小さなお子さんにも使用できます。

 

当院の院長は数年前8歳長男と10歳長女の育児に追われた毎日を過ごしておりました。

何か症状が出ればほとんど針灸で治してしまうので小児治療の腕も知らず知らず伸びておりました。
この時だけは奥さんからほめてもらえます。
いつも土日も仕事で忙しくかまってあげれてないのでせめて
子供の病気は私が治してやるという気持ちでおります。

 

小児鍼をする上での3つのポイント

小児鍼の適応症上について

赤ちゃんの鍼治療について説明します

子どもの便秘や下痢の原因は大人と異なります。

乳幼児期は便を出す力が弱いことによって便秘が起こります。トイレトレーニングがうまくいかなかいことが原因である場合が多いとされています。学童期以降はそれに加え、過敏性腸症候群により便秘になるケースが多くみられます。つまりストレスにより自律神経のバランスが崩れることが原因で腸の働きに問題が起こります。特に小さなお子様はストレスを感じやすく、自律神経も崩れやすく、それにより腸に影響が出やすいといえます。

鍼灸治療では、できるだけストレスを減らし、自律神経を整え正常な便が作られるようお手伝いします。同時に、できるだけストレスのない環境作りや生活習慣を送ることも大切です。

便秘や下痢が続く症状がみられるお子様をお持ちの方は一度ご相談ください。

かんしゃく、イライラ持ち、爪かみ・指しゃぶりなどの癖、どもり、チック、多動症、おねしょなどの小児はり治療では、だいたい基本的に0~6歳が対象となっております。

特に当院ではそのなかでも、
どもり(吃音)とおねしょ(夜尿症)とチック(多動)の3つに力をいれています。

かんしゃくやイライラなどは疳の虫の延長上でおこる症状ですのでそれほど難しくありません。ただしチックやおねしょなどは小学校高学年までの方がきております。多少頑固になっています。

上手に小児はりをすれば2~3回の治療でその効果を実感していただけれると思います。ぜひ結果をご期待ください。子供様のつらい顔でなく笑顔をとりもどせるよう努力します。

小児はりとは?

小児はりは以前から主に関西でおこなわれていた治療法なのです。おばあちゃんとかが孫を連れてくるというのが多かったのですが最近ではあまりそういう話を聞かなくなってきました。

 

最近は核家族ですし若いお母さんは小児鍼の存在すら知らないことでしょう。0~6歳までの場合はほとんどは手足や背中などをさするように治療していきます。

 

針と書いていますが刺しません。ですから針と書かず、はりとかいています。あてたりこすったりなでたりするものです。鍼で叩いたりこすったりするので皮膚が赤くなることがありますが鍼は刺入もしないですし出血もしないので皮膚が赤くなっていたとしても感染の心配はまったくありませんので安心してください。

 

当院では主に夜なき、かんむし、アレルギ、おねしょ、アトピー、てんかん、小児麻痺、筋性斜頚の治療を主としています。

 

◎まずはかんしゃくもちタイプか、恥ずかしがりタイプかがポイントです

 

吃音、チック、おねしょ、多動症などを当院では得意にし、治してきているのですがそれぞれの子どもの特徴としてかんしゃくもちであるということですたまにですが弱い子もいて自閉症気味になり誰とも話さないとか人見知りをするケースもあります。

 

どちらのタイプかで対応や治療がガラッと変わります。このあたりはこちらでしっかり見極めます。

 

疳の虫の考え方

 

患者さんからのたよりをいただきました

はじめて連絡しました0000と申します。8歳の息子のおねしょのことでご相談します。1年前から000病院で夜尿症の治療をしています。
はじめのころは薬の効果もあったのか回数が減りましたが
だんだん効果が薄れてきた状態です。
今ではまったく効果がでなくなってしまいました・・・
本人はやはり治したいらしくお泊りなどもあり焦っているようです。

治療では軽めの小児はりと棒灸をしました。その後3回ほど治療をしてみました。はじめは効果もでなかったようですが治療をするうちに回数が減り始めました。

ありがとうございました。

 

このような感じで1度良くなるとスピードがついてくるのが子供治療です。

1、ちゃんと指導したとおりに養生をし体質が改善しているのか?

2、子供・両親・先生の関係が良いか?余計なプレッシャーが存在しないか?

3、私たち治療家が的確な治療をしてるか?

このあたりが大事になります。3、に関しては私たちは常に向上していかなければならないと思っています。特に子供の病は今後トラウマになったりそれが原因で自信をなくしたりもしますのでぜひしっかり治療をされますことをおすすめします。

院長考察

鍼と聞くとやはり刺すイメージが強いのか?治療を躊躇するお母さんが多いと思います。でも実際は刺しませんし皮膚を叩いたり摩ったりする非常に優しい治療なんです。100パーセント怖がる必要性もありません。

子供さんを診るポイントは二つ。

本人が焦っているか?両親が焦っているかです。子供さんが焦っている場合はそれを解消させてあげることが大事です。また、まわりが焦らすと悪影響となります。小学校や中学校受験の親御さんに多いです。

子供がプレッシャーにやられてしまうかもしれません。プレッシャーにやられてからやさしくしてももう遅いからです。子供も自分で自分はだめな子だと思ってしまうからです。そのあたりの対応は両親がまずは対応など注意していただくのが先決になります。

 

吃音(どもり症)、チック症のお悩み

3歳時のどもりの治療をご紹介しております。

小児針を使っておりますが主に0歳から10歳くらいまでの吃音が対象になっております

この子の場合は2歳後半からどもりはじめ現在もうすぐ4歳となります。特徴的な吃音症状があり言葉のはじめにあ、あ、あ、あ、と連発する傾向があります。

女の子より男の子の方が何でも治りにくいので早期に治療を開始しました。

治療しはじめて半年がたちましたが私でもてこずっておりましてなかなか大変ですが当初より半分くらい良くなりました。
そして4歳になりほぼ完治しました。
現在8歳になりますが完全に治っております。 厄介なのは緊張・不安・恐怖になったりすると
どもるというものです。

これは大人になると再発しますのでぜひこの程度ならと思わずに
この時期だからこそ治療をされておきますことをおすすめします。

 

また、チックでお悩みのお子様も最近多く来られます。

肩をすくめたり

顔をしかめたり

奇声をあげたり

落ち着きがなかったり

寝起きは必ず泣いたりとかです。

またお母さんの治療も一緒にされたほうが治療成績は良くなりますのでおすすめです。お互いの波長が良くなることで治っていく病です。

 

小児のお母さんからのよくあるご質問

ここではよくあるご質問をご紹介します。

子供に刺す鍼に抵抗があります

小児鍼では刺すということはありません

赤ちゃんの治療などでは小児鍼という刺さない鍼を使って行われます。
鉛筆のような棒のようなもので皮膚をさすったりする治療です。

昔から夜泣きやかんしゃくで大阪のほうではやっていたそうです。
皮膚をさすると不思議なことに落ち着いてくれる赤ちゃんが多いのです。

また小学生になりましたら、希望がある場合は刺す鍼なども行うケースがあります。とくに仮性近視や蓄膿などのアレルギーなどでは刺す鍼をおすすめしております。もちろん痛くないよう注意して行われます。

子供に熱い灸は抵抗があります

火傷をしないせんねん灸というものでおこないます

昔は、悪い子にはお灸をすえるといわれていて、
背中のツボに熱いお灸をすえられたものです。
今ではもちろんですがそういう話も聞かなくなりました。
これはしつけという意味だけでなく、そういう癇癪をおこす子に対して
の施術でもあったのです。
実際私も自分の子供にお灸したこともあります。

今ではなるべく熱くないようにおこなうのが通常です。
当院では主にアレルギーやチックや夜尿症などの時に自宅でのお灸をお願いしております。

 

自宅ででもできるマッサージや養生の方法を知りたい

しっかりお伝えしておりますので安心ください。

骨盤矯正の時はお尻を触ることが多いからか、多くのママさんが女性の先生にしてもらいたいという希望を持っております。もし女性の先生がいい場合は予約時にお知らせください。

気にしない方は男性院長がおこなうケースもあります。

小児鍼、小学生の料金表

小児鍼(小学校進学まで)(初回)(30分) 5,000円
小児鍼(小学校進学まで)(2回目以降)(~20分) 3,000円
小学生の鍼灸治療(初回)(~60分) 6,000円
小学生の鍼灸治療(2回目以降)(~40分) 4,000円
指名料(担当制も含む) 1,000円

※赤ちゃんの治療には指名料はありません、板楠と院長が担当なります
※平日17時以降、土日祝は500円が加算されます。
※3か月以上来院がなかった場合は再診料500円が加算されます。
※担当が誰でもいいという方は、指名無し、とご予約の時にお知らせください。

小児における3つの施術方法

小児の3つの施術方法について詳しくご紹介いたします。

吃音(どもり症)の小児鍼治療

周りが気にしないことも大事です

どもり(吃音)、変な癖の鍼灸治療

だいたい2歳くらいから発症するケースが多いです。お、お、お、お、おはようという感じではじめの言葉を何回も話す傾向がありますおそらく成長期の時に脳に起こるストレス現象かと思っております。

多くの場合は親の顔色を見たりして非常に過敏で繊細な心の持ち主です。感受性が強く芸術性もあるからか多少の障害かと思っています。

非常に強い癖があり本人も自覚しておりません。それが普通だと思っているはずです。

ですので治療の段階で意識させずにまわりから注意はしないほうがいいでしょう。何ヶ月に1度あるだろう成長期に自分で治していくという計画をねります。多くの場合は回数であり頻度などで言えば治療後軽快するのが普通ですが完全に消えるとすれば成長期にポイントがあるのでは思っております。

まわりから意識をさせず長期視野を持つことでジワジワと軽快しいずれは消えていきます。

私がかんじる治すポイントは・・・

1、胸郭のつぼです。横隔膜あたりの働きが弱いとふんでおります。そこに毎回アタックします。

2、間違いなくストレスがあるのでそれを発散するツボにアタックします。またそれがジワジワ抜けるようシールをツボにはったりします。

3、私がしている養生でいえば繰り返すことです。どもりのあるときにいいなおしてあげることです。

おおおおおおおはようときたら普通におはようって声をかけることです。私は少し口調をはっきりして言葉を返すようにしております。

また指しゃぶりとかもどもりと同じような感じで治療します。どちらも癖ですからどうやって癖をとるのかが大事なんです。

 

 

夜尿症(おねしょ)の鍼灸治療

気にしないことが大事です

当院で1番多い小児疾患はおねしょ(夜尿症)です。
当院だけでもけっこう来るのだからおそらくおねしょの子供で
悩んでいる方はかなり多いのでしょう。

でも実際は10歳くらいになってそれでも治らないから
治療にきたという頑固なものが多いので困ります。

理由で多いのは修学旅行が1ヵ月後にあるから治したいと
いうものですが正直逆にそういう状況を作るのは子供さんに
さらに強い圧力を与えてしまいます。そうなる前にぜひ
早めに治療をはじめていただいたほうがいいと思います。

楽しい修学旅行がおねしょのためにつらい思い出にならないように・・・

できるかぎり小さい段階(3~6歳)で治療をされるとよいのですが・・・

おねしょは病気であるという認識を強くもち3歳以上ならば治療や養生を開始すべきです。

針治療の目的は膀胱に尿がたまると通常は脳が覚醒しトイレに行きたくなります。
膀胱と脳にかけての伝達が上手くいかないことが多いと東洋医学では考えています。

その流れをよくするために針治療はおこないます。それによって夜間におねしょを
することが少なくなってきます。非常に効果的な治療法です。できればお灸を併用すると
効果的ですので自宅でのせんねん灸治療もすすめています。

 

チックの鍼灸治療

幼児教育はほどほどが良いです

おそらくご両親様も非常に心配しておられることかと思います。

そのなかでもチックは比較的軽症になります喉鳴らし、肩すくめ、顔の歪み、ひきつり、う、う、うんという喉からくるうなり声など。

これらの症状は多くの場合気の失調によるものです。いわゆるストレスの発散が苦手な真面目な子が多く努力家に多くみられます。何度も同じ失敗をして自分にもおそらく悔しいのでしょう。

親がおこることにも敏感だしあきらめて無視しているものも敏感に察知します。どちらもそういう行動を取らないようご両親様にも注意がいると思います。

自分の小さいころは普通にできたのにとか、何度も同じことを言っているのにかです。
お父さんが厳しい子はお母さんがお母さんが厳しい子はお父さんが優しくとかやはり逃げ場を作ってあげるのが大事になります。

治療はバランスを重視して発散できるように治療します。軽いものなら数回で効果がでます。

さらに症状が強くて多動症や自閉症になると計画性のある定期的な治療が必要です。1、2度と考えておられます場合は逆に治療をしないほうが、その子のためになるかもしれません。環境の変化に敏感ですから。

気持ちが固まってから連絡ください。

小児鍼の流れ

小児鍼の流れをご紹介します。

小児鍼でのお問合せ

当院は完全予約制です。まずは電話かLINEで希望曜日、時間帯などをお知らせください。初回は10時から17時開始までのどこかでお願いします。担当は板楠と院長でおこなうため、火曜日曜祝日以外にてまずは予約を取ってください。また質問がありましたら、
ご遠慮なく、まずは電話かLINEでぜひお聞かせください。

10分前にはお越しください。

初めてですので迷うことが考えられます。早めに向かうようにお願いします。当院は多忙にて、遅刻をすると次の患者さんの予定が狂ってしまいます。カルテ記入もありますので、ぜひ10分前来院をお願いいたします。迷われましたらお早めにお電話で確認していただければ誘導いたします。

問診・カウンセリング

カルテ記入が終わりましたら、問診を始めていきます。

こちらから体の状態を聞いていきますので、いろいろとご相談ください。悩みや質問がありましたら是非お聞かせください。施術の参考にもさせていただきます。

例えば、痛くないようにしてほしいとか、使い捨ての鍼を確認したいとか、付き添いの方に横でいてほしいなど。なんでもいいのでまずは不安解消をしてほしいと思っています。
 

小児鍼治療の開始

お子様のからだや症状に合わせた小児鍼をおこなっていきます。感じ方は人それぞれです。我慢できる範囲で受けるというのが理想ですが、初めてですから無理していきなり刺激を強くすることはありません。まれに、いろいろ小児鍼に行っている方は担当の一番得意な技でしっかりとした刺激のある治療も可能ですが、まずは慣れていただきたいので、初回に関しては弱めの刺激が基本となります。

ぜひ安心してお受けください。

治療後の説明、次回予約について

身体をみさせていただいたあとに、それぞれのお子様にあった養生指導を何点かご指導いたします。

食事・睡眠・運動入浴の3つを基本にしながら、なるべくわかりやすく説明します。回復に従ってさらなる指導をおこなったり、逆に患者さんのほうからこれはどうですか?などと聞いてくれることが望ましいです。それによってどれだけ理解しているかもわかったりします。

最後にどのように通ったらいいのかの助言もさせていただきますが、基本はまずは3回です。私の小児鍼治療との相性を感じてほしいのです。いわれたから来たのではなく、よくなると実感したから来てほしいのです。それが私が治すのでなく、自分から自分で治る力へとつながっていきます。

良くなっていく流れもその方や症状によって変わります。すぐに良くなっていくものや、よくなったり戻ったり繰り返す方、一度悪くなってからよくなるかたなど、ありますので、不安にならずにそのながれを感じながら様子を見てください。

そして改善してきたら、まだそのままで通ってもよし、3回で終了も可能です。

 

例として夜尿症の養生指導を説明します。

おねしょとは、夜寝ているときに、おふとんの中で「おしっこ」をもらしてしまうことをいいます。おもらしともいいます。おねしょは夜眠っている間に作られるおしっこの量と膀胱の大きさとのバランスがとれていないことによって起こります。特に幼児期はおねしょの頻度が高くなりますが、4、5歳ごろまでにはおさまってきます。

おねしょが治らない原因としては、ホルモン分泌がうまくいってなかったり、膀胱や腎臓に問題があったり、ストレスなどの影響も考えられます。

おねしょは放置される場合が多いですが、おねしょは子供にとって生活面、精神面などにおいて負担になりますのでできるだけ早く改善させてあげたいものです。

鍼灸治療では、夜間に必要以上におしっこがたまらないよう、膀胱の容量が増えるようできるだけ改善を目指していきます。

また、おねしょは母親のお子さんへの接し方も大事ですので、同時にその指導も行います。おねしょをすることは子供にとってもストレスになりますので、おねしょの頻度が高かったり、4、5歳をすぎてもおねしょが治まらない場合は一度ご相談ください。

ご家族が知らない養生ポイントがあります。それをお伝えしていきます。

 

小児鍼の事例

治療したその日から効果がでてきました

小児鍼・育児疲れのお母さんへの鍼灸施術コース(担当 院長)

子供がお世話になりました。子供といっても初めて治療して頂いたのは生後3週間でした。でも快く対応してくれました。生後間もない赤ちゃんをみてくれるところなんて他にないと思います。

治療は個室で室温も赤ちゃんに合わせてあったり、治療が終わって帰る前に授乳して良いですよと優しく声をかけていただきました。広島駅付近で授乳やおむつをかえるところがあまりないので助かりました。場所が広島駅の近くなので子供連れでも公共機関を利用しても通いやすいですし、車でも近くにたくさんコインパーキングがあるのですぐに駐車でき、とても便利な場所にあります。

治療は言葉を話すことのできない赤ちゃんの脈や全体の状態をみて、不調なところを痛みのない治療で治してくれます。治療したその日から子供の機嫌がよくなり、気になっていた症状が今まで悩んでいたのが嘘みたいに良くなりました。赤ちゃんを鍼灸に連れていくのを迷っていましたが、連れて行って本当に良かったと思いました。そのため子供に何かあるとまず松鶴堂さんにお世話になっています。

家で赤ちゃんのマッサージのやり方も教えていただけます。以前違うベビーマッサージ教室に高いお金を払って通ってましたが、そのマッサージよりやり方がとても簡単でオイルも必要なく短時間でできます。それなのに松鶴堂さんのマッサージは赤ちゃんがよく笑ったり気持ちよく眠ってくれます。治療のついでに教えてくれるのでとてもお得です。

また私も育児疲れ、花粉症、風邪、そして母乳の量を増やすのに治療していただきました。授乳していると薬は母乳に移行するので、松鶴堂さんは薬を使わないように配慮してしっかりと治療して下さいます。母乳の量も増えましたし、治療していただいてるおかげで育児疲れがあまり出ません。

私は院長先生に治療していただいていますが、女性の先生もたくさんいます。スタッフが他の鍼灸院より圧倒的に多いので、その分きめ細やかなサービスが受けられます。とても患者思いな鍼灸院で行くたびに癒されます。院長先生もお子様がおられるので子供の対応もとても良くうちの子は大好きです。腕がとても良いのに、優しくとても気さくな方なので気になることは何でも聞いて答えてくださいます。

 

ほとんどおねしょをしなくなりました

夜尿症・小児鍼コース(担当 院長・板楠)

10年前に診療して頂いていたのですが、今回、小学生の子どものおねしょでご相談させて頂き、治療をすることにしました。

ほぼ毎日おねしょをしていたので、親も子も、いつまで続くか不安でしたが、親切にご指導して頂き、家でのお灸をして、現在、ほとんどおねしょをしなくなりました。

治療を始めて良かったと思います。

 
 

夜泣きはほぼなくなりました

小児鍼コース(担当 院長・板楠)

3歳まで夜泣きが続いた頃すがる気持ちでお世話になり始めました。家庭でのマッサージも教えてもらい3回の治療で夜泣きはほぼなくなりました。刺さない鍼はとても気持ちが良いようで、その後も数ヶ月に一度は自分から先生のところへ行きたいと言います。最初は触られるのも仰向けに寝転ぶことも嫌がったのに不思議です。

先日も膝が痛いというのでご相談したところ バランスをみていただき靴が合っているかや日常生活のアドバイスをしてくださいました。小児科などではこんなこと聞いて良いの?というちょっとした症状でも相談でき、親も子もラクになれるのでとてもおすすめです。これからもお世話になります

 

泣くのは何かを訴えているから

小児鍼コース(担当 院長・板楠)

9ヶ月の子供が夜泣きがひどく、人混みも泣き、困ったところ先生に丁寧に診ていただきました。

鍼は刺さないで、スプーンや歯ブラシでさする治療をしてもらいながら、泣くのは何かを訴えているから、と言われました。あとは、咳き込み方や鼻づまりからアレルギーの指摘もしていただきました。

子供の立場できちんと説明していただいたので、泣いても冷静に子供を見れるようになり、困らなくなりました。

個室で対応してくれました

小児鍼コース(担当 院長・板楠)

子供の癇癪や体調不良に小児鍼が良いと聞き、こちらで見てもらった。

利用客が多いと聞いていた為子供がぐずり迷惑をかけないか心配であったが、オープンスペースではなく引き戸付きの部屋で対応してくれたので、助かった。

平日だけでなく土日も営業しているため、何かあったときに対応してもらえそう。

親子でお世話になっています

小児鍼・親御さんへの鍼灸施術コース(担当 院長)

子供の来院をきっかけに、自分も治療していただくようになりました。ぎっくり腰、花粉症、不安症など、たくさん治療していただき本当に助かっています。治療後は、体も気持ちもすごく楽になります!私にとって松鶴堂さんは、なくてはならない存在です。これからも親子でお世話になります。

 

1回で寝てくれるようになりました

小児鍼コース(担当 板楠)

1歳の子供がなかなか夜寝ないのでお母さんから虫きりにいったらとすすめられて評判のこの治療院にきました。

女性の先生にしてもらったのですが優しい先生で自宅でできるマッサージも教えてもらえました。

なんと1回で寝てくれるようになっちゃいました。ただ棒みたいなのでさすってるだけなのに???

不思議な感じでした。

でも治ったのでうれしかったです。だんなもぐっすり寝れるようになったとほめてくれてうれしかったです〜。

 

いかがでしょうか。

このように、小児鍼なら、順調なお子様の健やかな生活が実現できます。
小児鍼のコースに興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

 

最後に育児のお母さんの鍼灸治療について説明します。
夜泣きなどでお母さんがつかれている場合が多いです。
逆にお母さんの疲れがお子様にうつってお子様もイライラという
悪循環も多くみられます。ですのでお母さんが治療を受けるのも
一つの手になりますので最後に説明しておきます。

 

多くの場合、育児をとおして骨盤がゆがみ背中の凝りや張りが強くなります。またそのゆがんだ状態のまま育児がはじまるのでゆがみが強くなったり筋肉が硬直していきます。それによる肩こりや腰痛や膝の痛みが非常に多く見られます。またさらに悪化していくと腱鞘炎になり手首や指に痛みが走りばね指までもなります。いえるのはみんな運動不足であることです。育児で大変で自分の時間が持てず美容院ですらなかなかいけない旦那の協力も少なければさらに病状はすすみます。またそのストレスはお子さんにもうつりましてお子さんのカンムシもさらに強くなることでしょう。

これもいわゆる悪循環状態です。まずお母さんの治療が必要です。お母さんがストレスが多ければ良い育児はできません。お母さんが治ったら子供さんの症状もずいぶんと弱くなることに気づくのは時間の問題です。ですので子供さんの病気を治す前にお母さんの症状や考え方を治さないといけないのですね。

筋肉を緩めて骨盤を整えることで肩こり腰痛だけでなく腹部の悪血の循環もよくなりそれによってホルモンも良くなるので是非にとすすめます。特に帝王切開されているお母さんは必要です。

腰痛・背部痛・腱鞘炎・不眠・倦怠感・イライラ・冷え・生理がこない・皮膚炎などでお困りの方、
ぜひ一度ご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
082-264-7724
営業時間
10:00~19:00(電話受付時間は10:00~17:00)
定休日
なし

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-264-7724

<営業時間>
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分 駐車場:ウオンツの斜め前、沖本眼科の横に大型駐車場あり(有料・25分100円)

営業時間

10:00~19:00(電話受付時間は10:00~17:00)

定休日

なし