生理痛・生理不順・月経困難症・月経前緊張症|広島の不妊鍼灸




院長は東洋医学の本場中国上海中医薬大学と明治国際医療大学の両大学を卒業していますので
針灸だけでなく漢方薬や整体や気功などにも精通しており総合的な不妊治療をおこなっております。
広島の不妊専門院、漢方薬店、近くの鍼灸院からも患者さんの紹介をいただいております。


生理痛の鍼灸治療

<生理痛(月経困難症)>

子宮に異常のない原因

プロスタグランジンという炎症や痛みの原因となる物質ですが、
子宮内膜にも多量に含まれています。

このプロスタグランジンは子宮を収縮させる作用もあり
大量に作られすぎて子宮を収縮させすぎてしまうと痛みが発生します。


子宮などに問題がある原因

子宮内膜症や子宮筋腫などが原因で 子宮頸管が狭くなったり、閉鎖、または子宮に腫瘍が存在すると
月経時に不要な血を排出できないので激しい生理痛が伴います。

また子宮内膜症や子宮筋腫をお持ちの方は通常よりも多くプロスタグランジンが多く作られます。



東洋医学の原因の考え

冷えなどの原因によって血行が悪くなり月経時に血の塊ができやすくなります。
その血塊を排出する際、通常よりも強く子宮が収縮して血塊を排出しようとするため

ストレスなどにより自律神経のバランスが乱れ子宮口が緊張、痙攣します。
このため月経血がうまく排出できずなんとか排出しようと子宮口が強く収縮するため

全身の気血が足りない状態のときです。
月経血が排出されるとさらに気血が足りなくなり子宮に
栄養を与えられないために痛みが発生します。


鍼灸治療

原因が特定できない場合の多くは自律神経のバランスを整えて
卵巣がうまく機能できる様にしてあげることが大事です。

骨盤内の血液循環が改善されて痛みの原因物質である
プロスタグランジンの停滞を解消していきます。

また
精神的原因がある場合は脳の興奮を抑えるツボを追加します。

さらには
自宅での灸を行うことでさらなる効果が期待できます。



当院では不妊症を中心とした婦人病に強い女性鍼灸師の先生が2人います。
まだそれほどひどくない状態であっても是非一度お試しいただけましたらと思います。
定期的に治療をすることでひどい生理痛から解放するでしょう。




空き時間のご案内

QRコードを読み込んでいただきますと携帯から予約できます。















たくさんの妊娠出産報告
を毎月いただいてます。


本場の中国・天津でも
不妊治療の研修も終了
日本人で唯一学会登録
をしていただきました。

















◎逆子
◎逆子
◎逆子
◎逆子













主に患者さんから
いただいた妊娠・出産
報告をしております。


〜来院がよくある患者様の主な地域〜

広島市(東区、中区、西区、南区、安佐南区、安佐北区、佐伯区・安芸区)府中町、廿日市市・呉市・東広島市・福山市・尾道市・三原市・三次市・廿日市市・庄原市・府中市・竹原市・大竹市・江田島市・因島市・松江市・出雲市・浜田市・大田市・米子市・岩国市・安芸郡(坂町、海田町、熊野町)・安芸高田市・周南市・山口市・宇部市・岡山市・倉敷市・松山・今治市・高松・香川・高知・徳島・愛媛・福岡・神戸


リンク集

不妊以外の体の不調で
お悩みなら治療部門の
ホームページをどうぞ。


整体や美容や女性鍼灸に
興味のあります方は