東洋医学養生指導における妊娠体質改善|広島市の不妊専門鍼灸院




東洋医学本場中国上海中医薬大学と明治国際医療大学の両大学を卒業してます、
針灸だけでなく漢方薬や整体や気功などにも精通しており総合的な不妊治療です。
広島の不妊専門院、漢方薬店、近くの鍼灸院からも患者さんの紹介をいただいております。


東洋医学による体質改善について
西洋医学では異常がないのに妊娠しなかったり何年も
薬を飲んでいるのに定期的に排卵さえもしなかったり、
という場合、そのとき東洋医学を試してみたいと思うようです。ですが実は東洋医学とは妊娠をする治療ではありません。妊娠をしやすい体質つくりをします。こう書けば弱くみられるかもですが実はそれが妊娠出産への近道だったりします。というのは妊娠をしても流産をすることもあるからです。ですので体質改善が近道であると思っています。


妊娠をするための体つくりに自宅での養生法


妊娠への5箇条



睡眠
・・・しっかり寝る事  精神的に疲れている方には
お風呂にヨモギパックを入れてアロマ効果を狙います。
早く寝るためには早く起きること 散歩を日課にするのも
いいかもで冷え性の方は腹巻をしてみたら温もります。
またほとんどの方は血が不足して不眠になるから
食事にも注意します。      


食事・・・規則正しい食事  
必要な方にはこちらから漢方薬局さんを紹介します。
鶏がらや豚骨でだしをとり野菜スープはいかが?もちろん
野菜は根菜類を。婦人病には黒い食べ物 黒豆 黒砂糖 
黒酢 黒ゴマ 海藻類 などがいいといわれております。
生野菜や果物は食べすぎに注意冷えてしまいます。 


運動・・・適度な運動、興味のある方にはストレッチの資料
を配布します。骨盤の循環がよくなれば血行がよくなり
汚血を防げます。骨盤の微妙な振動が子宮に刺激を
加えます。上手にやればヨガなどもいいですね。
         

リラックス・・・視覚、聴覚、嗅覚、味覚、皮膚感覚を
気持ちよい状態にヨモギパックで嗅覚を刺激しヨモギ
風呂、散歩などをして自然を感じる。おいしいものを
食べて満足したり、自分の好きな音楽を聴いたりなど。 


ここまでは有名ですからみなさん知っていたかと思い
ますが是非にともう1つを当院からおすすめします。


保温・・・基本的に身体に老廃物がたまり排出しない
と病気になりやすい体質であると考えています。
東洋医学ではそれを悪血や痰と表現しています。
どうしてそういう現象がおきているかというと体内が冷えて
エネルギーを消費できず蓄積していきそれがいずれ
老廃物になり悪い物が外にでなくなるといわれています。
いわゆる基礎代謝が低く新陳代謝が悪いのですね。
ですから温めることが大事なのです。ここがポイントです。



東洋医学ではどこを診るのか??

舌診と脈診と腹診を当院では重視しています。

・舌の形や色を見て体質を判断します。
(例えば舌が肥えている人は水毒があったり、歯の形が
ついていれば気の不足、赤い点があれば内熱など・・・)

・脈では早さや浮き沈みなどを確認します。病の経過や
熱か冷えか表か裏のどの場所に病があるかを調べる
ことができます。

・腹では主に胃の位置や下腹の力を確認します。
(内臓の反応点をさわることで異常を調べます。)

ですのでまめにこのあたりをチェックすることで身体の
変化が変わっていくかをマメにチェックしていきます。


東洋医学では3つのものを大事にします。


気の病  おおまかには自律神経を意味しています。
不眠やイライラや不安感や動悸や喉のつまり感からくる
精神症状や食欲不振や便秘下痢や頭痛などが有名です。
弱めの針治療が非常に効果的です。


血の病  ホルモンや血液の病を意味します。
冷えや貧血だけでなく皮膚病や難病もあります。
また様々な痛み疾患も該当します。 
温灸などが効果的です。


水の病  主にリンパの流れの失調によります。
いわゆる病院で原因不明などといわれる場合の多くは
この水の停滞があります。肥満・リウマチ・むくみ・メニエル
などはわかりやすいものでしょう。よもぎ蒸が有効です。


この上の気血水が異常をおこし悪くなった状態が
いわゆる下の病的体質です。


1、悪血  悪血とは循環の悪くなった血液をさします。
比較的元気なのですが中高年以降は成人病などで
病気ガチになります多いのが女性の病で生理不順、
婦人科病、不妊症などです。出産や流産や中絶などで
悪化します。また酒や脂っこいものや薬のとりすぎなど
でも生まれます。ストレスで悪化します。
治療としては漢方蒸に温灸を加えると良いでしょう。


2、
水湿冷え リンパの流れが悪くなった状態を
指します。比較的元気なのですが中高年からは
様々な病気がでてきます。
足が冷えてむくみ腰痛がある場合が多いです。
悪くなれば糖尿や膀胱炎など様々な病気になります。
治療としては漢方蒸に足心などを加えると良いでしょう。


3、
気虚  敏感な患者さんに多く病気ガチで風邪を引き
やすいですが多くは原因はなく体質が弱い人が多いです。
でも病気ガチなので予防がよくできていることから
中高年以降は意外に健康で大病にはなりにくいのです。
扁桃腺が弱かったり蓄膿やアレルギー疾患があります。
よく学校や仕事を休む子に多いです。
治療として弱め針などを加えるといいでしょう。


4、
食滞  胃腸が弱い方をさします。元気がもともと少なく
痩せ型で食欲がでにくいタイプになります。
体格も小さい方に多いです。
胃腸疾患以外にも糖尿や高血圧が多いです。
治療としては漢方蒸に食事指導が必衰でできれば
治療としてはお腹や背部への鍼灸治療が良いでしょう。


5、
血虚   血液不足なので貧血に低血圧です。
朝礼などで気分が悪くなりやすく乗り物酔いも多いです。   
精神バランスがくずれやすいです。
いわゆるプチ鬱にかかりやすいです。
円形脱毛や不眠や神経症になりやすい。
治療としては漢方蒸をおすすめします。


6、
気滞  イライラしたりくよくよしたりでストレス
を感じている方に多いです。
張った症状が多くお腹の肋骨のところが張ったり
目が疲れたり頭痛などもあります。
治療としては漢方蒸しの後にその方の望む治療を
加えるようにしています。リラックスがポイントです。


7、
内熱   体の内側の水分が少なく熱が発生する。
若い場合は皮膚にでることが多くにきびや吹き出物に
年齢をいけば更年期障害もあります。
いわゆる足は冷えているが上はのぼせていきます。
便秘がひどい方にも多くたいていは骨盤にも問題が
あります。治療としては漢方蒸しの後に針や骨盤整体
をしていきます。




◎どうして足を温めるのか?刺激するのか?

冷えの改善とストレス発散・・・これがポイント。
ほとんどの現代女性は足が冷えている場合が多く冷える
ことで体調を崩していきます。

生理不順から始まりストレスや疲労の蓄積でホルモン
バランスや自律神経が乱れ知らない内に多くの病を
発病していきます。でもその多くは見えない病です。
西洋医学では原因不明といわれることが多くいろんな
病院をはしごしても原因がわかりません。

その多くは自律神経・更年期障害・うつ病・ストレス・・・
などといわれたりたとえメニエールや不妊症など
病名はなくなかなかよい治療法がないのが現実です。
原因が自律神経の乱れだからです。その中で当院では
漢方蒸しで身体を温めるということを推奨していますが
漢方蒸しは大量発汗しますので体が弱っているかた
には強すぎる刺激となります。いわゆる水毒や悪血と
いわれる強い体質のかたには汗が出るのはいいで
しょうが陰虚で水分が少ない状態のかたは汗が出る
ことで体力を消耗し更に体内の水分が失われ陰虚が
悪化します。そこで当院では体質の弱い方には半身浴や
温灸治療を強くすすめています。冷えは老廃物(悪血)を
作りますので冷えが長く続くとジワジワと体内の血液が
どろどろ血液になりそのドロドロ血液の場所によって
病気が作り出されます。耳周囲ならメニエールとか
骨盤付近なら不妊症・無月経とか胃腸なら糖尿とか
さまざまな生活習慣病のできあがりなのです。

体内に熱をいれる・・・そういう単純なことで様々な
病気の予防になる。当院ではそこを強く患者さんに
説明しています。


ストレスが長く続くと胃腸が乱れたり肩が強くこったり
頭痛がでたりということは誰もが経験することでしょう。
たまにそういう症状がでるのは良いことなのです。
それは身体が危険信号を与えてくれるからです。
でも常習性になりいつもするようになれば大変です。
完全に悪循環にはいっています。

ほとんどの場合はそういう危険信号がでた場合原因となる
ストレスを排除したり逃げたりしないといけません。
でも現代の複雑なストレス社会ではなかなかそういうことも
できないのです。多くの方はわかっていながら直撃を
受けています。もちろんしんどいから薬を飲みます。
今の西洋医学は優秀ですから楽になることでしょう。
でも身体は危険信号がでないもんだから更に強い信号を
送ります。そしてまた薬という感じで悪循環の完成です。

こういう方が非常に多いのはびっくりです。
特に若い女性に多いのを実感しています。
クーラーのガンガンかかる社内、組織的なしがらみ、
延々と続くデスクワーク、冷房病・・・・

当院ではこれらの冷えとストレスの問題に強く考え
できるだけリラックスした空間にて癒されるように
つとめています。



空き時間のご案内

QRコードを読み込んでいただきますと携帯から予約できます。















たくさんの妊娠出産報告
を毎月いただいてます。



本場の中国・天津でも
不妊治療の研修も終了
日本人で唯一学会登録
をしていただきました。

















◎逆子
◎逆子
◎逆子
◎逆子













主に患者さんから
いただいた妊娠・出産
報告をしております。



~来院がよくある患者様の主な地域~

広島市(東区、中区、西区、南区、安佐南区、安佐北区、佐伯区・安芸区)府中町、廿日市市・呉市・東広島市・福山市・尾道市・三原市・三次市・廿日市市・庄原市・府中市・竹原市・大竹市・江田島市・因島市・松江市・出雲市・浜田市・大田市・米子市・岩国市・安芸郡(坂町、海田町、熊野町)・安芸高田市・周南市・山口市・宇部市・岡山市・倉敷市・松山・今治市・高松・香川・高知・徳島・愛媛・福岡・神戸


リンク集

不妊以外の体不調で
悩みなら治療部門の
ホームページどうぞ。



整体や美容や鍼灸に
興味のあります方は